ドトールポイントのお得な使い方!ドトールバリューカードとdポイントを解説

ドトールポイントのお得な使い方!ドトールバリューカードとdポイントを解説

リーズナブルな価格で、おいしいコーヒーを飲めるドトールコーヒーショップは、学生やビジネスパーソンが気軽に利用できるスポットです。ドトールコーヒーショップでポイントをためるには、「ドトール バリューカード」を利用する方法と、ドコモの「dポイント」を利用する方法の2種類があります。
ここでは、ドトール バリューカードでポイントをためる方法や、dポイントをためる方法のほか、両者のメリットをそれぞれご紹介します。

ドトール バリューカードでポイントをためる場合

ドトール バリューカードは、全国のドトールコーヒーショップだけでなく、系列店のエクセルシオール カフェやカフェ レクセル、ル・カフェ ドトールでもつかえるチャージ式のプリペイドカードです。
利用時やチャージする際に、ポイントをためることができます。まずは、ドトール バリューカードのつかい方やメリットについて見ていきましょう。

ドトールコーヒーショップの全商品の支払いに利用可能

ドトール バリューカードは、チャージ式のプリペイドカードで、事前にお金をチャージしておけば残高に応じて商品の購入が可能です。チャージ済みのカードさえ持っていれば、現金を持ち歩く必要はありません。

ドトール バリューカードを作るにはカード発行手数料が必要

ドトール バリューカードは、全国のドトールコーヒーショップ・エクセルシオール カフェの店舗で簡単に作ることができます。発行の際にはカード発行手数料として300円(税込)が必要ですが、発行手数料の300円(税込)と同額の300ポイントが入っています。実質無料で作れるので、ご安心ください。

ポイントはチャージ時と購入時に付与される

ドトール バリューカードを利用すると、2,000円以上のチャージで金額の最大10%がポイントとして付与されます。また、商品購入時には、100円の利用ごとに1ポイント付与されます。なお、チャージで付与されるポイントの割合は、ランクによって変動します。
※ランクアップには、会員サイト「マイドトール」の登録が必要です。

ポイント利用は1ポイント=1円

たまったポイントは、1ポイント=1円単位で、ドトールコーヒーショップ・エクセルシオール カフェのドリンクやフード、コーヒー豆などの購入に利用できます。

お得なチャージボーナスポイントデー

通常のチャージは、2,000円以上のチャージで金額の最大10%(ランクによって変動)がポイントとして付与されます。しかし、「チャージボーナスポイントデー」にチャージすることで、通常よりもお得にポイントがたまります。
毎月1日のチャージボーナスポイントデーに、ドトール バリューカードに1,000円以上チャージした場合、さらに10ポイントが付与されます。ドトールコーヒーショップでの現金チャージだけでなく、会員サイト「マイドトール」からクレジットカードでチャージしてもチャージボーナスポイントをためることができます。

年間の購入金額に応じて還元率がランクアップ

2,000円以上のチャージで金額の5%のポイントが付与されますが、これはスタート時のシルバーランクの場合です。年間の購入金額の合計によっては、ゴールドランクやプラチナランクにランクアップし、還元率がそれぞれ7%、10%とアップします。ランクアップの条件としては、年間購入金額が2万円以上でゴールドランク、年間購入金額が5万円以上でプラチナランクとなります。
なお、対象となる期間は毎年9月16日~翌年9月15日(※)となっており、ランクアップが確定すると対象期間終了後の10月1日から適用されます。対象期間に2万円つかっても、すぐにランクアップするわけではありませんのでご注意ください。
※2020年度は新型コロナウィルス感染症対策に伴う、一部店舗の休業等もあり、対象期間を11月15日まで延長しています。(会員登録は9月15日まで)

新商品ボーナスポイントデーを活用しよう

ドトール バリューカードのボーナスポイントを得られる機会としては、新商品ボーナスポイントデーがあります。これは、ドトールコーヒーショップ・エクセルシオール カフェで新商品が発売されたとき、発売日から4日間行われるキャンペーンで、対象商品をドトール バリューカードで購入した場合、+3ポイントがプレゼントされます。
お得にポイントをもらえますので、ぜひ新商品ボーナスポイントデーを活用して新メニューを楽しみましょう。

dポイントでポイントをためる場合

ドトールコーヒーショップ・エクセルシオール カフェはdポイントの加盟店ですので、商品の購入でdポイントをためたり、支払いにdポイントをつかったりできます。続いては、ドトールコーヒーショップでdポイントを活用する方法をご紹介しましょう。

ドトールコーヒーショップでdポイントをためる

ドトールコーヒーショップでdポイントためる場合、会計の前にdポイントカードを提示します。ポイントの進呈は、購入金額200円(税込)につき、1ポイントとなります。
前述したドトール バリューカードとの併用はできません。しかし、dカードを持っている場合、「マイドトール」のサイトからdカードをつかってドトール バリューカードにチャージすることで決済ポイント1%+特約店ポイント3%がたまるので、100円(税込)ごとにdポイントを4ポイントためることができお得です。

ドトールコーヒーショップでdポイントをつかう

ドトールコーヒーショップの支払いに、dポイントをつかうことができます。こちらも会計前にdポイントをつかうことをスタッフに伝えて、dポイントカードを提示します。dポイントは、1ポイント=1円としてつかえるので、少額の精算なら現金いらずで便利です。
※dポイントをつかうには、事前に利用者情報登録が必要です。

また、dポイントクラブの交換プログラム「ドトール バリューカード コース」で、dポイント3,000ポイントにつき、3,000円分をドトール バリューカードへチャージすることができます。この方法なら、ためたdポイントを有効に活用しつつ、ドトール バリューカードのメリットも得ることができます。

ドトール バリューカードとdポイント、どちらか好きなほうを選ぼう

ドトールコーヒーショップでは、ドトール バリューカードとdポイントのどちらでもポイントをためられます。これらのポイントは、どちらにもメリットがありますし、どちらがお得とはいえません。
たとえば、毎日ドトールコーヒーショップへ通って新商品をチェックしている人であれば、新商品ボーナスポイントがあるドトール バリューカードのほうがお得です。一方、利用頻度がそれほど高くない場合や、持ち歩くポイントカードの種類を増やしたくないという人なら、ほかのショップでもつかえる汎用性を重視してdポイントを選ぶのもいいでしょう。
どちらが自分にとってつかいやすいかは人それぞれです。自身のライフスタイルに合わせて便利でお得なポイントを選びましょう。

※本記事の内容は、2020年9月30日時点の情報です。